アルファロメオ、フィアット、アバルトのパーツ|モータースポーツのことならTB RACE&SERVICEへ

TEZZO BASE

TEZZO BASE BLOG

「車夢文化発信基地」「モータースポーツベースキャンプ」TEZZO BASEが発信する旬なブログです!

ジュリエッタのフロントブレーキパッド交換、ディスクローター研磨でご入庫いただきました!

2021.07.30

こんにちは、TEZZO BASE です。今回は、ブレーキダストでお悩みのK様のジュリエッタにご入庫いただきフロントディスクブレーキパッド交換とフロントディスクブレーキローターの研磨をさせていただきましたので、ローター脱作業までをご紹介させていただきます。K様のジュリエッタはノーマルパッドのままでしたので、アルミホイールはご覧のようにブレーキダストで汚れています。欧州車オーナー皆様の共通のお悩みはこのディスクブレーキダストによる汚れではないでしょうか。当社の低ダストブレーキパッドに替えていただくことでブレーキダストのお悩みはかなり解消できるはずです。フロントホイールを外すとブレンボの赤い対向4ポッドキャリパーが誇らしげに見えます。ディスクパッドもかなり大きめですが、その分、ブレーキダストも多くなりがちです。通常はディスクブレーキキャリパーを外す前にディスクブレーキパッドを取外すのですが、このジュリエッタのディスクブレーキパッドの背板にはピンが設けられており、キャリパーピストンにはめ込まれているためパッドのみでの取り外しはできず、キャリパーと一体で外すことになります。K 様のジュリエッタはセンサー付きパッドになりますが、既にパッド表面にセンサーワイヤーが出ており、ブレーキチェックランプも点灯していました。ブレーキキャリパーを取外すとブレーキディスクローターが剥き出しになります。ハブに付いているヘクスボルトを外せばローターを取外すことができます。フロントディスクブレーキローターの方はレコード盤のように細い線条痕が刻まれており、最外側だけは新品の厚みが残ってパッドの当たり面とは段差が付いていました。このようにディスクブレーキローターにレコード盤のような線条痕が付いている場合、ブレーキ鳴きもしていたと思います。ディスクブレーキローターを取外した後は、ローター研磨作業にバトンタッチします。研磨されたローターが戻れば取外しの逆順で組付け、パッド交換をして作業は終了します。今回は、時間の関係で組付け作業のご紹介ができず残念です。

ブレーキダスト、ブレーキ鳴きでお悩みの方は、是非、Bre’c TEZZO クリーンスポーツバッド交換とローター研磨をセットでご検討ください。レコード盤のようになってしまったディスクローターに新品のパッドを取付けてもパッドとローターの接触面が100%とならず片手落ちになってしまいます。Bre’c TEZZO クリーンスポーツバッド交換とローター研磨作業をセットで行うことにより新車時以上のブレーキフィールを体感できると思います。




カテゴリ

アーカイブ