アルファロメオ、フィアット、アバルトのパーツ|モータースポーツのことならTB RACE&SERVICEへ
お問合せはこちら

TB RACE & SERVICE

神奈川県横浜市都筑区荏田東2-9-1
TEL : 045-948-5535/FAX : 045-948-5536

TB Race&Service BLOG

「車夢文化発信基地」「モータースポーツベースキャンプ」TB Race&Serviceが発信する旬なブログです!

LOVE 500!歴史あるクルマを楽しもう!

2016.10.24
p1m
 こんにちは
T.BASEオオツカです。25f4709ace

先日、T.BASEスタッフ内で、
現行車種のイタ車で好きなクルマは? という話になりました。

097879eda4
(※イメージ図です)

意外と話が盛り上がったので、好きなポイントを皆でブログに書こう!ということに
なりました。という訳で、毎週1回、T.BASEスタッフが好きなクルマについて語るだけの企画、スタートです。

ワタシ自身好きなクルマがいくつもありますが、第1回目として書きたいのは、フィアット500です。

c33730993c

イタリア車と言えば!のイメージではフェラーリと肩を並べる位、歴史のあるモデルではないでしょうか?

中でも私が好きなポイントはそのクルマの”ストーリー”です。

私オオツカは、何でも”ストーリー”がある物が大好きです。

例えば、”この靴を1足買うと靴のない子供たちに靴が1足届けられる”
のようなモノの価値に心を動かされます。そのモノが繋ぐストーリーの中に関わっている感動がたまらないのです。

フィアット500は第二次世界大戦から続く歴史ある名車。現代に渡り、70年以上続いていることになります。

ちなみに、現行のフィアット500は”3代目”なんです。
これ、オーナー様でも意外とご存知ない方が多いのですが、
(実は数年前まで私も知りませんでした・・・)

ルパン三世の愛車で知られるフィアット500は”2代目”で、

初代のフィアット500はこちら↓

27f2f48650
(T.BASEに写真が無かったのでウィキペディアさんより引用です)

何も知らなければ、これがチンクと言われても分かりません。
現地では、愛嬌のある顏への敬意も込めて、トポリーノ(=ハツカネズミ)
と呼ばれていたそうです。イタリア人もうまいこと言ったもんです。

そしてこのクルマが登場した約20年後、2代目のフィアット500と続きます。

そのような時代と共にスタイルを変えて、現代へと続いているフィアット500のストーリーの一部にチューナーとして関われているのは、常日頃、非常に光栄に感じます。

これからも、オーナー様のフィアット500(もちろん他の車も!ですが)と、オーナー様自身が素敵なカーライフを送れるよう、お手伝いさせて頂きたいと思います。

5b18530278

T.BASE
TEL:045-948-5535

===
TEZZO BASE(TEZZOのショールーム&サービスファクトリー)
TEZZO BASE Service Factory
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5535 Fax:045-948-5536
営業時間:10:00~19:00【木~月曜日】
12:00~19:00【水曜日】
定休日:火曜日
===

~アクセス情報~

○電車でお越しの方
都筑ふれあいの丘駅より 徒歩8分
江田駅より 横浜市営バスにて約10分 池田停留所から徒歩1分
○お車でお越しの方
東名横浜青葉ICより10分
第三京浜都筑ICより10分
関連情報URL : http://www.tezzobase.jp/



カテゴリ

アーカイブ