アルファロメオ、フィアット、アバルトのパーツ|モータースポーツのことならTB RACE&SERVICEへ
お問合せはこちら

TB RACE & SERVICE

神奈川県横浜市都筑区荏田東2-9-1
TEL : 045-948-5535/FAX : 045-948-5536

TB Race&Service BLOG

「車夢文化発信基地」「モータースポーツベースキャンプ」TB Race&Serviceが発信する旬なブログです!

【ABARTH】ブレーキパッド、何使っている?【アバルト】

2024.06.13

欧州車のブレーキに対する考え方は昔から一貫していて、パッドとローターがしっかり仕事(≒消耗)することで制動する。もちろんこれはブレーキの本懐ではあるけど、ブレーキダストが大量に発生してホイールを存分に汚してくれるのもまた事実。

一方、日本車とアメ車ではこのような姿はあまり見られない。日本人は世界一の洗車好き民族と言われるが、その嗜好はユーザーニーズとして日本車の設計にも反映され、ブレーキダストの発生を最小限に抑えながら制動力を発揮するブレーキシステムの開発に邁進してきた。

アバルト595も欧州車の例に漏れず、ノーマルではブレーキダストの発生が少なくない部類に入る。楽しく走らせるほどホイールには汚れが堆積し、ドライブを楽しんだ分だけ洗車に費やす時間は増していくだろう。しかし欧州車乗りはすべからくこうしたブレーキダスト問題に直面し、その解決方法を探ってきた。

もっとも効果的な手法は、ブレーキパッドとブレーキローターディスクを丸ごと交換してしまうことだ。ただし、ブレーキローターディスクまで交換すれば工費・パーツ代ともに跳ね上がるのが常であり、よほどのスポーツカー好きやサーキットユーザー、カーフリークでなければ手を出さない。そこで最小の労力で最大の効果を上げるのが、ブレーキパッドのみを交換するメニューだろう。

もちろん、ブレーキシステムの仕組みを考えれば、パッドとローターディスクの素材的な相性も設計段階から計算されているわけだから、交換するなら同時が望ましいのは確かだ。摩材の種類や混合比によってブレーキ性能は千変万化に変化するし、パッドとローターディスクのシナジー効果も期待できる。

ここでTEZZOがリリースしている、アバルト595専用設計を施した低ダストブレーキパッド「低ダストブレーキパッド Bre’c TEZZO BRAKE system」を見てみよう。一連の低ダストブレーキパッドは、TEZZOにおいて「クリーンスポーツ」と呼ばれており、発売以来圧倒的な支持を得てきた人気製品。

この製品は、車種別に特注された摩材を独自の配合で組み合わせ、純正のブレーキパッドでは顕著だったブレーキダスト汚れを劇的に抑制することに成功している。低ダストタイプのブレーキパッドで有りがちな制動性能の低下やブレーキ鳴きの発生とも縁遠く、さらにドライバーの意図通りのリニアなブレーキタッチを実現するなど、スポーツ性能も助長している。

ちなみに「低ダストブレーキパッド Bre’c TEZZO BRAKE system」は、ストリートユースを念頭に開発している。安定性を高めてコントロール性能を底上げし、制動距離を短縮しつつ耐熱性能と摩擦係数のバランスを絶妙にセット。スポーツ走行でも過不足無いパフォーマンスを発揮するが、よりサーキットでの戦闘力を求めるなら「スポーツ走行用ブレーキパッド TEZZO BD System PAD Breake force Distribution system」という選択肢もアリだ。

「キレイなホイールの状態を長時間保たせたい」という見た目重視派はもちろん、アバルト595が本来もつスポーツ性能を引き出すためのカスタムアイテムとしても、社外ブレーキパッドは手軽でオススメできる。コスパ重視なTEZZOのブレーキパッド、以下から詳細を確認してほしい。

アバルト595用 低ダストぶれブレーキパッド

アバルト595用 スポーツ走行用ブレーキパッド

【EXHAUST】アバルト595のマフラーとは?【ABARTH 595】

2024.06.08

クルマにカスタムやチューニングを施すとき、昭和から平成にかけてもっとも効果的で人気のある手法はエキゾーストマフラーの交換だった。特にスポーツカーのチューニングでは定番メニューであり、社外マフラーメーカーは国内外を問わず巷に溢れかえっていた。

しかし、バブル経済の崩壊やリーマンショック他、不安定な経済情勢を契機としてクルマのメインストリームは省燃費性能に特化したモデルに移り、IT革命がクルマを必要としないライフスタイルを助長するなど、クルマ趣味を楽しむ人口は若年層を中心に減少の一途をたどる。

結果、マフラーを含む自動車カスタムパーツのマーケットは縮小し、さらに追い打ちをかけるように厳しい排出ガス規制や騒音規制が相次ぐなど、もはやサードパーティ製マフラーは絶滅しても不思議ではない状況に陥った。事実、マフラー開発・製作から撤退したメーカーは数多い。

このような歴史を振り返ると、今現在も社外マフラーを開発・製作しているメーカーは激しい時代の淘汰に抗するだけの技術力を備え、そしてエンドユーザーから高い支持を得ていたことがわかる。相変わらず前置きが長くなって恐縮だが、つまりTEZZOのオリジナルパーツとは「そういうもの」なのだ。

TEZZOがリリースするオリジナルマフラーは車種専用設計で開発され、高品質のSUS304ステンレスを素材に用い、職人がハンドメイドで1本づつ製作しているのが共通する特徴。もちろん、ストリート用マフラーは排気音量を規制する「四輪車の加速走行騒音規制(R51-03)」をクリアしているので、装着したままでの車検も問題ない。

また、こだわりのアピアランスもセールスポイントのひとつだ。音質や音量といったパフォーマンスだけでなく、装着時の「見た目」も劇的なアップグレードを企図し、外向きカールのアウターパイプや凸型タイコ後端処理などを伝統的に採用するほか、車種に合わせた最適なデザインを提供する。

アバルト595用はグレードやトランスミッション別に設定。ラインナップは、アバルト595 コンペティツィオーネ MT 180PSアバルト595 コンペティツィオーネ MTA(5AT 180PS)アバルト595 ツーリズモ MTA(5AT 165PS) を揃える。

左右2本出しとなるアピアランスは、アバルト595のリアバンパーの切り欠きいっぱいに収まるφ120mmの大径エンドが目を惹く。二重管を溶接して隙間を埋め滑らかに仕上げるという手間のかかったディティールにも注目したい。

肝心のサウンドは、アイドリング時は控えめな音量ながらも回転数に応じて中低音を強調した心地よい音質を実現するようにチューニング。排気効率と消音性を両立するTEZZOお得意の「デュアルストレート構造」により、スポーツドライブを担保するのはもちろん、レコードモンツァよりも音量は抑え気味に設計された。

サーキットも楽しめるミニマムなスポーツカー、アバルト595シリーズ。その実力をさらに引き立てるカスタムとして「TEZZO lxy スポーツマフラー」への交換はオススメのメニューだ。もちろん、アバルト595用としてはおそらく世界最大径のド迫力なマフラーエンドが演出するリアスタイルや、他のアバルト595とは一線を画するエキゾーストノートも魅力だろう。

TEZZO BASEには「TEZZO lxy スポーツマフラー」を装着したアバルト595のデモカーが用意されている。実際のサウンドが気になった方は、是非TB RACE & SERVICEまでご一報を。

アルファロメオ4Cにマフラーを取り付けました

2024.06.07

アルファロメオ4Cにマフラーを取り付けました。

アルファロメオ4C クアトロ lxy-sマフラー(新規制車検対応)by TEZZO」は、厚みのある美しい四重奏(カルテット)を実現する4本出しのステンレスマフラーです。

アルファロメオ4Cのノーマルマフラーは「雑味の混じった爆音」が不評でしたが、フェラーリのようなラグジュアリーかつスポーティな音質とレーシーなエクステリアを、TEZZOのオリジナルマフラーは共存させることに成功しています。

機能美にこだわった職人によるハンドメイドの4C専用オリジナルマフラーです。詳細は下記HPをご参照ください。

アルファロメオ4C クアトロ lxy-sマフラー(新規制車検対応)by TEZZO

フィアット500 TwinAirのマフラー交換を行いました

2024.06.02

フィアット500 TwinAirのマフラー交換を行いました。

片側2本出しのフィアット500 TwinAir用ステンレスマフラーは、トランスミッションと年式によっても仕様が異なります。

ラインナップは、フィアット500 TwinAir デュアロジック lxyスポーツマフラー/片側2本出しフィアット500S/500 TwinAir MT専用(2016年発売〜)TEZZO lxyスポーツマフラーフィアット500/500Sプラス TwinAir MT TEZZO lxyスポーツマフラーをご用意しています。

その他にもフィアット500用、アバルト595用など各種マフラーを揃えていますので、下記リンク先も御覧ください。

TEZZO STYLE

TEZZOデモカーのロードスターを整備しました

2024.06.01

TEZZOデモカーのロードスターを整備しました。

TEZZOのパーツ開発マシンにして、ビースポーツ ロードスター・マスターズロードスター・パーティレースへも参戦しているロードスターですが、立て続けにサーキット走行を行いましたのでリフレッシュ&メンテナンスを施しました。

エンジンオイル交換や各部チェックなどひと通りおこなって、次のレースに備えています。TEZZOはアバルトやアルファロメオなどのラテン車を得意としていますが、このようにロードスターによるサーキット走行にもノウハウがあります。

気になる方は下記リンクより御覧ください。

ロードスターのカスタムパーツ&メニュー

DTT日帰りチューニング デモカー販売 TBASE車検 TEZZO STYLE

カテゴリ

アーカイブ