TEZZO BASE
イタリア車、フランス車 トータルサポート。カスタム、チューニング、一般整備 メールフォーム メール

TEZZO BASE BLOG

「車夢文化発信基地」「モータースポーツベースキャンプ」TEZZO BASEが発信する旬なブログです!

やっぱり私は車高調が…好き!の巻き

2017.06.06
こんにちは。
またまたお邪魔します。
okiです。アバルト595コンペティツィオーネ右ハンドルMTに乗り始めて約1ヵ月。これまでノーマル状態で、自宅との往復に乗っていました(早くメカにナビをつけてもらいたい…)。

アバルト595コンペは180psもありますし、これはこれで楽しいのかぁ、というのが感想で、乗り心地も悪くありません。

0ad58c5b23
△こちらはアバルト595ノーマル状態です。

しかし「車高は少し下げたい」「隙間が気になる」という思いもでてきました。そこで今回、TEZZO全長調整式車高調キットforアバルト595をT.BASEサービスファクトリーのメカニックたちに装着してもらいました。

車高は、最低地上高を確保しつつ、あんまりベタベタに下げるのもどうかと思い、純正車高よりも約1.5cmダウンです。

a3530c75d1
△全長調整式なので、好みに合わせてもらいました。

私は普段、第三京浜と横浜新道を使うので、車高調にかえてからさっそく高速走行。やっぱり高速域で走った時は、ピューンとまっすぐ走り、カーブではロールしないでキッチリとイン側につけます。ステアリングを切り過ぎずにベストラインをとれるので、
「あぁ、やっぱり車高調がよい!!」という感覚を思い出しました。

そして、ノーマル状態で乗っている時に比べて、直進安定性や、カーブ時の姿勢安定性の向上など、その性能がわかるので、いかにベストなラインを通るか、ということに頭が集中できることに気づきました。

ただ、車高調のほうは繊細なため、メリットとして高速などでキューッと走る一方で、凸凹道をかなりゆっくり走った時などは、路面の凸凹にダイレクトに反応します。

実は今回車高調にかえてすぐ、T.BASEの近くの荒れた路面を低速域で走った際、なんとなくゴツゴツとした違和感を感じましたが、これは繊細な車高調ならではのこと。

それでも高速域でのメリットのほうが大きいので、やっぱり私は乗り心地もよく、姿勢安定性や直進安定性がある車高調が好きなのであります。

アバルト500アバルト595の方、いつでも試乗ご希望だったら、声かけてください。

では。



Category